2008年10月03日

パンク

えー、今回は自転車(ルイガノ MV-3)のお話です。トラブルといってもBXの話ではありませんので、その辺お間違えのないように。

今朝ちゃんと空気を入れて出かけたのに、帰宅しようと思って自転車に乗ろうとしたら完全に空気が抜けている…。(-_-;)
いちおう、携帯用ポンプやタイヤレバーは持っていたので、チューブを引き出してみたけど、どこにも穴は見つからない。少し空気を入れてみても、漏れている様子はない。でもタイヤに入れて目いっぱい空気を入れようとすると、すぐになくなってしまう…。
これはバルブのところで漏れていると判断し、少しだけ空気を入れたタイヤのついた自転車を押して、自転車屋へ向かった。ようやく到着し、事情を説明すると、チューブを替えるしかない、とのこと。フレンチバルブには虫ゴムなんてなかったのね…。

予備も含めて2本購入し、帰宅して交換作業に取り掛かった。実は自転車のフレームから車輪を外すのは初体験。パンク修理の経験はあっても、チューブを丸ごと外すのは初めてなのだ。
でも思いのほか簡単に作業は完了。クイックリリースレバーの付いている自転車のタイヤって、いとも簡単に外れちゃうのね。いたずらをされないかと、心配の種が増えた気分。でもサドルだって簡単に外れるし、そんなこと気にしてもしょうがないか…。

20081003鮭のムニエル.JPG画像は、鮭のムニエル+バルサミコソースです。記事の内容とは関係ありません。
posted by ぽそこし at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ルイガノMV-3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする