2009年05月08日

次女退院!

いやー、めでたいめでたい。

20090508次女1.JPG昨年12月から入院していた次女(シトロエンBX TRiブレーク)が、今日やっと退院しました。半年近くの間、時々様子は見に行っていたのですが、やはり手元に戻ってくるのはうれしいです。


20090508次女2.JPG快気祝い(?)に、営業さんからもらったメモパッド。


20090508次女3.JPGあけるとこのようになっています。んー、なかなか。
さっそく仕事机の上に置いて使っています。


20090508次女4.JPG実は次女の入院中に、いろいろと次女のために買い物をしていたのです。
これは、改造前のルームランプ。これを、高輝度白色LEDで置き換えてみました。
ちなみに、カー用品店へ行くと、LEDルームランプが数千円で売られていたりしますが、あれを買ってはいけません(お金があり余っている人は別ですが)。
秋葉原で部品を買ってくれば、一桁安く作れます。まあ、ハンダ付けは必要ですが…。


20090508次女5.JPGこれが改造後。
ただ、実際点灯してみると、妙に暗いのです。鋭い人は気づいているかもしれませんが、実は電流制限抵抗のカラーコードを読み間違って、1桁大きい抵抗値になってしまっていたんですよね…。
電流が10分の1しか流れていないわけですから、暗くて当たり前。
あーあ、またやり直しだ。
posted by ぽそこし at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シトロエンBX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

タイヤ交換

20081207タイヤ交換.JPGめっきり寒くなってきましたね。
今日はうちの次女(シトロエンBX TRIブレーク)のタイヤ交換をしました。
手順としてはだいぶ慣れてきたので、ジャッキアップしてから「あ、ボルト緩め忘れてた…」なんてことはもうやりませんが、4本目のタイヤを取り付けようとしてボルトが1本足りなかったときには、かなりあせりました。ボルトを入れていたビニール袋に穴が開いていたのです。
結局、交換した3本目のタイヤの下から見つかって事なきを得ましたが、ボルトを入れる袋は丈夫なものに交換したことは言うまでもありません。

いま四女(シトロエンC4エクスクルーシブ)が車検のため入院しているので、もっぱら次女(シトロエンBX TRIブレーク)に乗っているんですが、やっぱりこっちのほうが乗ってて楽しいですね。四女には悪いけど。
これで故障が少なければ、ねえ…。

ちなみに先日故障が発覚した次女のECUは、まだ入手できていません。深谷にあるキ○ロルというお店にモノはあるらしいんですが、なんだかずいぶん吹っかけられているような話でした。
つまり、いまの次女はECUが故障したまま走っていることになります。普通に走っている分には問題ないのですが、高速走行や遠出はちょっと不安です。
posted by ぽそこし at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | シトロエンBX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

ECU不良…orz

先日の記事で書いたとおり、エンジン不調で再入院していた次女(シトロエンBX TRIブレーク)の容態について、ディーラーから電話がありました。

ECUが壊れていて、部品の値段は20万とのこと…。ガーンΣ(-_-;)。
さらにECUはすでに製造中止になっているとのこと…。ガーンΣ(-_-;)ガーンΣ(-_-;)。

とりあえず、中古品を探して10万以内なら直してほしい、と伝えました。
今年は四女(シトロエンC4)の車検も控えているので、この出費は痛いです…。
posted by ぽそこし at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シトロエンBX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

モトロニック不調

昨日の記事の最後に書いた、次女(シトロエンBXブレーク)に起こった事件の話です。

FBMの駐車場を出たところで、最初の兆候が起こりました。坂道を登っている途中でエンストしたのです。オートマなので、今までエンストはパニックブレーキのときしか経験がありません。しかしちょっと変だなと思った程度で、エンジンをかけなおしたところすぐかかったこともあり、深く気には留めませんでした。

しかしそばを食した後、諏訪ICから中央道に乗ろうとしたときです。本線に合流し、流れに乗ろうと100km/h程度に加速したとき、ガクンとエンジンの爆発が止まった感じの衝撃があり、同時にモトロニック警告灯が点灯したのです。

20081027モトロニック.JPGモトロニックとは、次女のエンジンのインジェクションと点火の制御を行っているユニットです。今まで警告灯が点灯したことは何度かありましたが、こんな衝撃を感じたのは初めてです。

続いて、もう一度同じような衝撃を感じました。さすがにこれはまずいと思い、ゆっくりと走って3kmほど先の次のPAに入りました。
ところがPAで駐車しようと思い、40km/h程度に減速したところで、警告灯が消灯したのです。

自然に治ったのかなあと思って一度エンジンを切り、しばらくたってから再度エンジンをかけようとすると、なかなかかかりません。いよいよローダーのお世話になるのかと、不吉な思いが頭をよぎります。10秒くらいセルモーターを回してしばらく休む、ということを何度か繰り返したら、何とかエンジンが始動しました。このときは本当にほっとしました。

その後はなるべく100km/hを超えないように、慎重に走行して無事帰宅しました。エンストやモトロニック警告灯の再発は起こりませんでしたが、念のため今日次女をディーラーに預けてきたところです。

さて、どうなることやら。
posted by ぽそこし at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シトロエンBX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

フレンチ・ブルー・ミーティング

20081026FBM1.JPG今年も行ってきました、フレンチ・ブルー・ミーティング。毎年、長野県の車山高原で開催される、フランス車のお祭りです。
今年も次女(シトロエンBXブレーク)との参加です。渋滞回避のため、朝6時前に出発したんですが、よく考えると6時前に中央道に乗れば深夜早朝割引が使えたんですよね。しまった。
写真は双葉SAにて。


20081026FBM6.JPG20081026FBM7.JPG天気予報によれば晴れるはずだったのですが、朝9時に到着してみると結構な降り。なんと私は天気予報を信じて、雨具を持ってこなかったんですね〜。しかも気温は6度です。寒い。
で、どうしたかというと、このシトロエン・ステアリングカバーが活躍しました。何とか頭に直接雨が降りかかるのを防ぐ大きさがあり、裏側の張り出した部分を持てば手にも雨がかからないので手がかじかまない、というわけです。
まあ一時はどうなることかと思いましたが、10時には雨もやんでやれやれです。


20081026FBM4.JPG駐車場は入ってすぐの、イベント会場のグラウンドからはかなり遠い場所です。歩いて10分はかかったと思います。これを2往復したら、結構疲れました。
お隣さんは、シトロエンAX GTでした。AXは、なかなか見かけなくなりましたね。BXも少なくなりましたが、AXはそれ以上に数が減っていると思います。でもFBMでは、そんな車もたくさん目にすることができます。


20081026FBM2.JPGシトロエンSMのクラブがあるんですね。


20081026FBM3.JPGいやー、やっぱりSMは最高っすね。


20081026FBM8.JPGイベント会場への1往復目で、ゲットした品物その1。原工房さんのトートバッグ。表はシトロエン、裏はプジョー(人によっては表裏が逆だという人もいるかも知れない)のデザインになっています。おまけの風船は、最初プジョーの青色のをもらったのですが、シトロエンの赤のにしてくれと駄々をこねて取り替えてもらいました。わがまま言ってすみません。


20081026FBM9.JPG1往復目でゲットした品物その2。ル・キャナール・ドレさんの、鴨のコンフィのランチボックス。


20081026FBM10.JPGFBMへ行ったことのある人なら知っていると思いますが、いつもトイレの前には長い行列ができます。特に今年は寒かったので、どうなることかと思っていたら、近くのホテルがいくつかトイレを開放してくれていました。車山ハイランドホテルさん、ありがとう。


20081026FBM11.JPG先日試乗してきたルノーの新型トゥインゴも着ていました。ナンバープレートからすると、私が試乗したのとは違う個体のようです。


20081026FBM12.JPGご存知、ミシュランのビバンダム。写真を撮らせてほしいと頼むと、快く了解してくれました。


今回もいろいろと楽しいことは多かったのですが、でも全体としてはいまいちの印象でした。なぜかというと、部品を売っている店が少なかったんですよね。昔はジャンクみたいなのを売っている店がたくさんあって、見てるだけでも楽しかったんだけどなあ。今年も2CVの部品を売っている店はありましたが、BXの部品はほとんど見かけませんでした。
ミニカーや、キーホルダーを売っている店ばかり増えてもなあ、と思っているのは私だけではないと思うのですが。


20081026FBM13.JPG2往復して会場を出ようとすると、すぐ近くに止めてあった空色のBXが目に付きました。うちの次女と同じく、TRiのブレークですが、非常にきれいでした。うちの次女はあちこち塗装がはげかかって、さびも浮いてしまっています…。


実は、マックスクラフトさんという板金塗装の会社がブースを出していたので、うちの次女を塗りなおすといくらかかるか見積もってもらったのですが、ウン十万かかるということだったので、ほぼ断念してしまいました。たくさんお金があればやってあげられるんだけどねえ、ごめんよ。
わざわざ遠くまで来ていただいた工場長さん、すみませんでした。


20081026FBM14.JPGFBM会場を後にして、せっかく信州まで来たんだからと、そばを食べに行きました。鴨のコンフィを食べた上にそばまで食べるんだなんて、とお思いでしょうが、鴨は家に持って帰って夕食にすることにしたのです。


20081026FBM15.JPG実はこのそば屋さん、去年も行こうとしたのですが時間的に間に合わなくて、今年はそのリベンジです。
寒かったので、暖かいそばを頼みました。おいしかったです。すみません、食べるのに夢中で写真は撮り忘れました…。


帰りも渋滞回避のため、そばを食べて早々に中央道に乗りました。渋滞ポイントとして有名な小仏トンネルも、50km/h程度にまでスローダウンしたものの、まあまあスムーズに通り抜けることができました。


20081026FBM16.JPG帰宅して赤ワインと食した鴨のコンフィ。やはりナイフがないと食べるのがちょっと難しかったので、持ち帰って正解だったみたいです。


20081026FBM17.JPG今年のFBMの最大の収穫は、この四女(C4)用ワイパーブレードかな。なかなか売ってなくて、ディーラーに交換を依頼すると結構な料金を取られるんですよね。


実は帰路、次女(シトロエンBXブレーク)にある事件が発生していたのですが、これについてはまた改めて書くことにします。
posted by ぽそこし at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シトロエンBX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

次女再入院

先日退院したばかりの次女(シトロエンBX)ですが、またまたエアコンが効かなくなって今日まで入院してました。
原因は、プレッシャースイッチ本体からのガス漏れとのこと。普通は壊れない部品なのでオーバーホール時にも交換しなかったようなのですが、そういうところに限って壊れるものですよね。今年の夏は、他にもエグザンティアが1台、まったく同じ症状で入庫したそうです。オーナーの方、ご用心あれ。
posted by ぽそこし at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | シトロエンBX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

次女退院!

20080702BX退院.JPG4月に入院した次女 (注:シトロエンBXブレークのこと) が、やっと今日退院してきた。

最初は単なる12か月点検のはずだったのだが、LHMオイルの漏れは見つかるわ、ステアリングの断裂したカップリングラバーは欠品だわ、リアフォグが点灯しないのは保安基準に不適合だと言われるわ、いろいろあったが一番の問題はエアコンが効かないこと。

ほんの数年前までは真夏でも白い煙が出るほど効いていたのに、去年はほとんどのパーツを交換してフロンも漏れなくなったのに、どうしてかと思っていたら、エバポレーターが詰まっていたそうな。ダッシュボードをはずすという大手術となってしまった。

おかげで今ではエアコンはガンガン効きます。足掛け3か月の期間と、車検並みの費用(泣)をかけたかいがあったというものです。ちなみにエバポレーターの詰まりは最近BXに頻発しているとのこと。オーナーの方はご注意くだされ。
posted by ぽそこし at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | シトロエンBX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする