2017年11月14日

【コントラクトブリッジ】2ボード続けてマイナーステイマン

表題の通りなんですが、先日のウィークリーで2ボード続けてパートナーが1NTオープンし、私がマイナーステイマンを使ってマイナーのスラムをビッド&メイクしたという珍事?がありましたのでご紹介します。

まず3番ボード。ハンドレコードが残っていないのですが、確かこんなハンドでした。
私がEです。

Board #3, EW Vul, Dealer S

A x x x N

 W     -      E 

S
K x
K x x A Q
J 10 x x K Q x x
A K Q x x x x

NESW
P 1NT
P 2S*1 P 3D
P 3H*2 P 3S*2
P 4D P 4NT*3
P 5S*4 P 6D
//
*1:Minor Suit Stayman
*2:Control
*3:Roman Key Card Blackwood
*4:2 Keycards with Trump Q

5422の15HCPだけどノートランプ向きのハンドだから1NTオープンしようかなあ、と思っていたら意外なことにパートナーが1NTオープン。
とりあえず30HCPは確定しているので、2Sからスラムトライ。
あまり良い手ではないですし、クラブのコントロールが心配なので、一度4Dとビッドしてパートナーに判断をゆだねます。
パートナーからはサイドのコントロールがそろっていることがわかるので、4NTでキーカードとトランプQを確認して、スラムに到達してくれました。
オープニングリードは忘れましたが、トランプもクラブもブレークが悪くなかったので、トランプAに負けただけで6メイク。

次の4番ボード。
Board #4, Both Vul, Dealer W

A J x N

 W     +      E 

S
K x
K Q x A x
A x x K J x x
J 10 x x A Q x x x

NESW
1NT
P 2S*1 P 3C
P 4NT*2 P 5H*3
P 6C //
*1:Minor Suit Stayman
*2:Roman Key Card Blackwood
*3:2 Keycards without Trump Q

またノートランプ向きのハンドが来たなあ、と思っていたら、またパートナーがまさかの1NTオープン。
今度は17HCPもあってハンドに余裕があるので、クラブの9枚フィットがわかると自分からキーカードを聞いてスラムに突っ込みます。
スペードリードが来て、トランプは3-1ブレークでしたがWからJを引くとNからKが落ちてきたので7メイク。

7テーブルのマッチポイントペア戦だったのですが、結果を見ると3番ボードはスラムへ行ったのがうちだけ、4番ボードは他に1ペアが6Cに行っていましたが6メイクだったので、両方ともトップボードでした。
でも他のボードはあまりうまく行かなかったので、順位は14ペア中5位でした…。
posted by ぽそこし at 21:08| Comment(0) | コントラクトブリッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。