2015年05月10日

【コントラクトブリッジ】2Cオープンへのレスポンス

またまたずいぶんと間が空いてしまいました。

最近ブリッジの頻度がちょっと下がっているのですが、来週は青葉まつりリジョナルなので今日はみっちりとブリッジしてきました。
お昼のセッションで、皆様のご意見をいただきたいハンドがあったので、お知らせします。
このハンドを持っていて、パートナーが2C (strong) オープン。どうレスポンスしますか。
9 6 4
A K 4
J 9 7 3
K 10 5
ただし、スーパーネガティブやセカンドネガティブは使っていないものとします。
実はこの手はパートナーが持っていて2Dとレスポンスされたのですが、全体の手は以下のようになっていました。私がN、パートナーがSです。

Both Vul, Dealer E
A K Q J 10 7 2
Q 7
A Q
A 9
5 N

 W     +      E 

S
8 3
J 10 6 5 3 9 8 2
8 5 2 K 10 6 4
J 8 6 4 Q 7 3 2
9 6 4
A K 4
J 9 7 3
K 10 5
NESW
P P P
2C*1 P 2D*2 P
2S P 2NT*3 P
3S P 4S P
P*4 P
*1:スートとは関係なく、強いハンド(ほとんどゲームフォーシング)
*2:スートとは関係なく、ウェイティング(弱いか特に示したいスートがない)
*3:に3枚サポートがあるのにレイズしなかった理由は不明
*4:2Dレスポンスした人が4コントロールも持っているとは想像できなかったので…

O.L. 4

ご覧のとおり7Sがコールドですが、6Sにも行けませんでした…。
でも他のテーブルでは、2Dレスポンスの後ちゃんと6Sへ行った人もいるんですよね。
でもやっぱり、この手は2Dレスポンスにはもったいないと私は思うんです。
じゃあどうすればよかったかというと、めったに見ない3NTレスポンス(11-13HCP、バランスハンド)がぴったりだったんじゃないかと思います。
まあ、その後どうやってスラムへ行くかも難しいですけど…。

あともうひとつ、プレイのほうもご紹介しましょう。
このボードでは私はEに座っていました。

NS Vul, Dealer E
K Q 5 4
9 8 6 5
A K Q J 10
A 2 N

 W     |      E 

S
J 8 6
K 10 A Q 7 4
A J 9 7 5 K Q 8 2
9 7 6 4 5 3
10 9 7 3
J 3 2
10 6 4 3
8 2
NESW
1D P 2C
P 2NT P 3NT
X*1 P P 5D
//
*1:リードショウイング

O.L. 8

3NTを回避して5Dへ到達。クラブを2発取られた後にハンドでトップラフしてダイヤモンドQを取ると、Nがスペードをディスカードするので4-0ブレイクが判明します。
クラブをもう1発ハンドでラフする予定だったのですが、オーバーラフされてしまうのでそれは不可能となりました。
絶望的に見えますが、まだでき目はあります。
ダイヤモンド10をフィネスしてダイヤモンドを刈り切ると、Nはクラブとスペードとハートを1枚ずつディスカード。
これを見てハートをKAQと取ると4枚目がエスタブリッシュするので、ダミーのスペードとクラブのルーザーがディスカードできてダミーオールグッド、めでたくジャストメイクとなりました。

実はSの指摘で気が付いたんですが、スペードのKQがNにあるので、Nはスクイズにかかってたんですね。
ダイヤモンドを3枚刈った時点のハンドは以下のようになっています。
K Q
9 8 6 5
Q
A 2 N

 W     |      E 

S
J 8 6
K 10 A Q 7 4
J 9
9
10 9 7
J 3 2
10

ここでWからダイヤモンドJを出すと、Nはディスカードに困ってしまいます。
現実にはハートを捨てましたが、スペードQを捨てるとダミーのAを取られてKがドロップし、EのJがよくなってしまいます。
かといって最後のクラブを捨てると、今度はWのクラブ9が良くなってしまいます。
ディクレアラー(私自身)が気づいてなかったというのが情けないですが、一応スクイズして作ったということで…。
posted by ぽそこし at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コントラクトブリッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック