2014年10月21日

広島のNさんとブルークラブで河北新報社杯

先週末は、仙台リジョナル・河北新報社杯でした。
今回は仙台リジョナルに30テーブル、河北新報社杯に31テーブルという多数のご参加をいただき、ありがとうございます。_(..)_
私は春の青葉まつりリジョナルの後の酒宴で、お互いブルークラブを使っているということで意気投合した広島のNさんとペアを組んで参加しました。
土曜日のチーム戦は大きなミスもなく、まずまずの成績(30チーム中7位)だったのですが、日曜日はあまり調子がよくなくアベレージにも届かない結果となってしまいました。わざわざ広島から参加してくださったパートナーに申し訳ない…。
まあ、ブルークラブはペア戦向きでないことはわかってたんですけどね…。
そんなわけで、うまく行ったボードだけご紹介しようと思います。

私はNに座っていました。

第27回河北新報社 Session 2, Board #14
None Vul, Dealer E
K 10 9 8 2
A 10 8
K Q J 9 3
J 5 4 3 2 N

 W            E 

S
A 10 9 7 6
J Q 7
Q J 9 7 2 K 6
5 2 10 8 6 4
K Q 8
A 6 5 4 3
5 4 3
A 7

NESW
P 1H*1 P
2D*2 P 2H P
4C*3 P 4S*4 P
4NT*5 P 5H*6 P
6H //
*1:12-16 HCP、4枚以上、もっと長いスートを持っているかもしれない
*2:10+ HCP、2NTまでフォーシング、3枚以上、もっと長いスートがあるかも
*3:ブルー4C/4Dコンベンション、(1) のスーパーフィット、 (2) の両方に種類の違うコントロール保証、を示すゲームフォーシング(スラムトライ)ビッド
*4:イタリアンキュービッド(ファーストまたはセカンドラウンドコントロール)
*5:エースアスキング(RKCB)
*6:2エース、トランプQなし
O.L. 3

珍しいブルー4C/4Dコンベンションが出ました!
それに答えてパートナーはKをキュービッドしてくれましたが、がボイドの私にとってはあまりうれしくない情報です。
それでもパートナーがにAを持っていればスラムは確実なので、Aを聞いてみます。
ちなみに本来のブルークラブのエースアスキングは、Aが2枚のときには場所までわかるようになっているのですが、今回は普通のローマンキーカードブラックウッドの取り決めをしていました。これほどそのことを後悔したことはありません…。
エース2枚が返ってきたのは良い情報ですが、どの2枚かが問題です(トランプは最低でも10枚フィットしているので、Qがなくても問題ありません)。しかしにAがなくても、少なくともでき目はありそうなので、えいやと6Hへ行ってしまいました。
結果はご覧のとおり、冷たいスラムでした。
パートナーのプレイで、なぜかオープニングリードにを捨ててAに負けたので6メイクでしたが、ラフしてAKでトランプを刈り上げ、ダミーのの下にハンドのを2枚捨ててクロスラフすれば簡単に7メイクできたと思うんですけどねー。
まあ、ブルークラブらしいビッドができたので、私としては満足です。

そんなわけで前半は42%というひどい成績だったのですが、後半ちょっと頑張って50%弱まで戻しました(アベレージ賞は取り損ねました…)。
後半からプレイのほうを1ボード紹介しましょう。長くなるので、読みたい方だけ「続きを読む」をクリックしてください。
私はEに座っていました。

第27回河北新報社杯 2nd Session, Board #4
Both Vul, Dealer W
10 4 2
10 9 5
10 9
Q 10 7 4 2
A Q 9 6 N

 W     +      E 

S
8 7 5
Q J 7 2 A 8 4 3
K J 6 2
A K 9 6 5 J 3
K J 3
K 6
A Q 8 7 5 4 3
8

NESW
1S*1
P 1NT 2D 3C*2
3D 3NT //
*1:12-16 HCP、4枚以上、もっと長いスートを持っているかもしれない
*2:のほうが長い(同じ長さの場合もある)
O.L. 6!

4枚メジャーの場合、こういうハンドは1Hでオープンしないと永遠にの4-4フィットが見つからないんですが、パートナーの言によればが1枚に紛れていて3枚だと思っていたとのこと。
おかげでの4-4フィットを横目に、3NTをプレイすることになってしまいました。ですが、逆に言うとトップスコアを取りに行くチャンスでもあります。
オープニングリードはKxxからの可能性が高いのでダミーのJを引くと、これが勝ちます。
とりあえずトリックを増やすためにダミーから5を引いてハンドのJを出すと、これも勝ってしまいます。何となく不穏な雰囲気…。
KをSにマークして、次にダミーのQへ向けてxを出すつもりで先にAを取ると、何とKがドロップ! どうしてSがこのようなリードをしたのかはわかりませんが、パートナーとは逆にが1枚に紛れていたりしたんでしょう…。
方針変更では後回しにして、チビをハンドから出して、KをフィネスしてダミーのQを出すと、これも勝ちます。
これで2、4、3トリックが確定したので、とりあえず3NTはメイクしそうです。
しかしマッチポイントのペア戦なので、成績をよくするには1つでも多くトリックを取ることが必要です。

というわけで、AKを取り、Aを取ってKが落ちてこないことを確認してからQを取ります(この時ハンドの4を残しておく)。続いて9を出し、SのKに勝たせます(スローイン)。
この時点で、全体のハンドは以下のようになっています。
10 9
Q 10
6 N

 W     +      E 

S
7 4
K J 6
9 6
A Q 8 7

Sにはしか残っていません。仮にスモールでエグジットされたとしても、ハンドで勝った後でダミーに入り、13枚目のを取ることができるので5メイクします。
実際のSはAを取ってから私のに打ち込んでくれたので、ダミーのを使わずに5メイクしました。

このボードは30点満点中29点を獲得して、ほぼ私の本日のベストスコアでした。
posted by ぽそこし at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コントラクトブリッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック