2016年06月18日

【備忘録】Windows Server 2008 R2でシステムパーティションの空き容量を増やす

うちは未だにWindows Server 2008 R2を使っているのですが、一昨日あたりから自動バックアップが失敗していることに気づきました。調べてみると、システムパーティション(Cドライブ)の容量が不足しているためシャドウコピーの作成が失敗しているようです。200MBくらいしか空きがない状態でした。

ここでクライアントマシンであれば、ゴミ箱を空にするとか「ディスクのクリーンアップ」をするとか、いろいろと手はあるのですが、サーバーマシンだと基本的にゴミ箱には何も入っていませんし、ディスクのクリーンアップツールはデフォルトではインストールされていません。オプション機能パックとかいうものをインストールすれば使えるようになるらしいのですが、ディスク容量がひっ迫しているのに新しいソフトをインストールするのも矛盾しているような気がします。

なんとか空き容量をねん出する方法がないかなーと思って検索してみたら、下記のブログがヒットしました。(ありがとうございます!)
くま同盟コンピュータLab「Windows Server 2008 R2でCドライブの空きを増やすもう一つの方法」

ここに書いてある通り、「dism.exe /online /Cleanup-Image /spsuperseded」というコマンドを入力すると、3GBほどの容量のねん出に成功しました!

20160618DISM2.png

ただ、めちゃくちゃ時間がかかったのと、このコマンド自体が一時ファイルを作るらしく、実行中に逆に空き容量が減って行ってしまうので、異常終了してしまうのではないかと気が気ではありませんでした…(結果的には、うまく行きましたけど)。

どのくらい時間がかかったかというと、プログレスパーが100%になるまでに30分以上、そこからコマンド終了まで45分くらいかかりました。(プログレスバーの意味ないじゃん!>マイクロソフト)
おかげで、今日のその後の予定が全部潰れてしまいました…。(-_-;)

これだけ苦労しても3GBしか空かないのですから、最初からシステムパーティションに大きめの容量を割り当てるに越したことはありませんね。
このマシンのインストール時には余裕を持ったつもりでシステムパーティションには32GBを割り当てていたのですが、今後は64GBくらい割り当てておくことにしよう…。
posted by ぽそこし at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする