2013年08月17日

【コントラクトブリッジ】珍しい出来事

今日も仙台ブリッジクラブへ行ってきました。
いつものことながら成績はパッとしなかったのですが、ちょっと珍しいことが起こったので、ご紹介します。

1st Session, Board #11
None Vul, Dealer S
Q J 9 4
A J 8 5 2
10 8
K 2
A 10 7 2 N

 W            E 

S
K 5
7 6 4 K Q 10 9 3
A J 7 Q 6 3
7 5 2 A 10 8
8 6 3
K 9 5 4 2
Q J 9 6 3

私はEに座っていました。ビッドは以下の通り。

NESW
P P
1H P P X
P 1NT //

1NT by E
O.L. Q

リオープンのダブルなので、1NTはこんなものでしょう。
オープニングリードにNがクラブのKを出したので、ディフェンダー間のコミュニケーションを絶つために1回ダックしてクラブKを勝たせ、クラブリターンをAで取ります。
ここで私はハンドからダイヤモンドのQを出しました。ダイヤモンドKはNが持っている確率が高いと思っていたのでQをそのまま流すつもりでしたが、SがダイヤモンドKをカバーしたので(これは正しいプレイです……Sは来週に開催される外務大臣杯の東北代表です)方針を変更してダミーのAで勝ち、ハートの4を引きました。
ここでまだ状況がよくわかっていないNがハートの2を出した(セカンドハンドロー)のは、無理からぬところでしょう。
しかし、ここでハートの枚数を数えてみましょう。
Eから見ると、自分の手に5枚、ダミーに3枚、そしてNの1Hオープンはハートを5枚持っていることを示しています。
ハートの枚数は全部で13枚しかないので、Nがウソをついていないとすれば、Sのハートは0枚なはずです。
というわけで、私がハートの3!を出して超ディープフィネスしたところ、思惑通りSがショウアウト。
エスタブリッシュしたスートの4どころか2が勝つのは珍しくもなんともありませんが、このスートをリードする最初のトリックで4が勝ってしまうというのは、かなり珍しいと思います。私も長いことブリッジをしていますが、記憶にありません。
またダミーの4が勝ったので、貴重なエントリーを消費せずにまたダミーからハートが引けるというおまけまでついてきました。ここでNはさすがに5ではなく8を出してきたので、9で勝ちます。
あとはダイヤモンドJでダミーに入って3度目のハートを引いたのですが、Nがエースを出してくれずにJを出したのでQで勝ち、スペードをK、Aと取って10でNに放り込むと、スペードQとJ、ハートAは取られますが(ここで最初にクラブをホールドアップしたご利益が出てきます)、最後にハンドのハートKが勝って3メイク。

ちゃんちゃん。

posted by ぽそこし at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コントラクトブリッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

【コントラクトブリッジ】祝!全日本地域対抗選手権のフライトCで東北チームが優勝!

タイトルそのままなんですが、
8月3・4日に浜松で行われた全日本地域対抗選手権(文部科学大臣杯)というコントラクトブリッジの試合のフライトC(ウィメンズチーム)で、われらが東北チーム(小嶋和子さん・中林邦子さん・高橋信子さん・渡邊洋子さん)が優勝したらしいです!
http://www.jcbl.or.jp/Portals/0/pdf/game/2013/2013MonbuSat.pdf

いやー、ナショナルの試合で優勝なんてすごいですね〜。
しかもアベレージ(50VP)を超えているのは東北チームだけ、対戦成績も5勝1敗という、ほぼパーフェクトと言っていい成績でした。

おめでとうございます!
posted by ぽそこし at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コントラクトブリッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする