2013年05月18日

仙台セクショナル

仙台ブリッジクラブ、今日は仙台セクショナル、明日は青葉まつりリジョナルです。
今日は仙台セクショナルに参加して、前半はまあまあだったのですが、後半崩れて(ソーリー、パートナー!)ちょっとうまく行きませんでした。

そういうわけで後半は思い出したくもないのですが、前半で痛恨のハンドがあったので、ご紹介しましょう。

1st Session, Board #13
Both Vul, Dealer N
A J 8 5
A J 8 2
K 9
A 5 2
9 7 6 4 3 N

 W     +      E 

S
4 Q 10 7 5
Q 7 5 2 10 8 6 3
10 9 4 Q 8 7 6 3
K Q 10 2
K 9 6 3
A J 4
K J

私はNに座っていました。ビッドは以下の通り。

NESW
1NT P 2C P
2H P 6NT //

6NT by N
O.L. 6

2C(ステイマン)使った意味がないようですが、マッチポイントのペア戦だったのでパートナーの6NTはよい判断だったと思います。
オープニングリードにダミーからクラブJを引くと、なんとこれが勝ってしまいました。
ここでウィナーを数えてみると、クラブ3、ダイヤモンド(少なくとも)2、ハート(少なくとも)2、スペード4あるので、どこかで1トリック増やせばメイクすることになります。
スペードとクラブは増える要素がないので、ハートかダイヤモンドで増やすことになりますが、ハートのほうが4-4なので増える確率が高いので、そちらを先に試すのが順当でしょう。
メイクのためには1個だけ増やせばよいのでチーム戦なら安全プレイをしたと思うのですが、今回はマッチポイントだったので7メイクの確率を最大にするためにハートKをたたいてJをフィネスしてしまったんですね。
そうするとハートの4-1ブレークが判明、裏にQ 10がいるので2ルーザー確定です。
最後の望みをかけてダイヤモンドのフィネスを試みたのですが抜けてしまい、あえなく6NTは1ダウンとなってしまいました。
結果論ですが、ハートKを取らずにいきなりダミーのJをフィネスして、AをたたけばK 9で10をフィネスできるので、ハートで3トリックとれて6NTはメイクしたはずです。
いやー確かにそのとおりなんですが、でもマッチポイントだし、Aと叩くかどうかも当てものなので(一応シングルトンQに負けたとは思いたくはないというモチベーションはありますが)、そういうプレイができたかどうかはわかりません。
あと、オープニングリードがクラブ以外(ハートかダイヤモンド)だったら自動的に1トリック増えて6NTはできるんですよね…。

試合後の飲み会で、ディレクターに聞いたところ、このボードは6Hと6Sと6NTをやっているペアがあり、6Hと6Sは絶望的だけど、6NTをやっていた4ペアで落としたのはうちだけだったらしいです。結構落ち込みました…。

いやー、まあ今日は今日、明日は青葉まつりリジョナルがんばるぞ!

続きを読む
posted by ぽそこし at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コントラクトブリッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする